Month – 8月 2014

移転しました

書くことは特にないけれど。

過去記事を整理してたら2000年くらいの記事が出てきてその時の記事を読み返してみると赤面ものの腐りきった記事で、当時言葉の流行に乗ってミレニアム筐体と名付けられたアルゼの液晶筐体並に忘れ去りたい過去なのだけれど、いつか何かに使うかもしれないという貧乏根性だけでハードディスクの容量を余計に占拠したまま気づいたら10年以上経過していた。

記事はいまだに何にも活用されてない。この辺もミレニアム筐体と同じ。パチスロサイト界のみそっかすな当サイトであるが、なんとミレニアム筐体もサンダーV2なるみそっかす台を輩出していた。なんという偶然の一致であろうか。このままでは「パチスロサイト界のミレニアム筐体」というサブタイトルをつけなければいけなくなる。

なんとかミレニアム筐体より上位に行きたいので粗探しをしたんだけれど、どうやらコイツのほうが高性能らしい

関係ありませんが、この筐体の液晶操作部分はプレイステーションを意識して作られて
います。実際には採用されませんでしたが、メモリーカードを差し込む部分も設計されて
おり、カードを差し込んで遊戯すると専用ソフトを使えば実際のプレイを再現できるという
アイディアも検討されていたのです。

なんだメモリーカード挿入機能って。すごい面白そうじゃないか。設計だけやって実現しなかったというのはプレイステーションとの権利の問題なのか、コスト的にアレだったのか。メモリーカードを挿すという手法が時代にそぐわないという理由だったのか。ナローバンドからブロードバンドにシフトしていった時期だったからスタンドアロン筐体は寿命がないと考えたのかもしれない。アルゼのピークでもあり凋落の始まりだった筐体だっただけに興味深い。

いずれにせよゴーストラッシュとかサーフトリップとかシンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですかとか産廃もののクソ機種を量産せずにこういうエンターテイメントをきちんと発展させればよかったと思う。

あ、榎本加奈子は名機か。

そんなパチスロサイト界のミレニアム筐体以下の当サイトは、たぶんスロの実戦稼働は相変わらず書かないと思う。過去記事も復旧させるとかも多分しない。

だらだらと日記を書くだけのサイト。将来的にはメモリーカード挿入機能を実装予定。

Comments
QuoVadis © 1999 - 2014 all right reserved. Frontier Theme